安養院(烏瑟沙摩明王の御札)、目黒不動尊、八雲氷川神社巡礼

国内旅行記

敬老の日の三連休に東京のパワースポットを回ってみようということで、烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)様の御札がもらえるという安養院と近所の目黒不動尊、そして、須佐之男命が祀られている八雲氷川神社に参拝に行きました。

安養院、烏瑟沙摩明王(トイレの神様?)の御札

安養院の観音堂

東京都品川区西五反田にある「臥龍山能仁寺 安養院」へ
トイレの神様と評判の烏瑟沙摩明王うすさまみょうおう)の御札をもらいに行きました。

烏枢沙摩明王は、人間界と仏の世界を隔てる天界の「火生三昧」(かしょうざんまい)と呼ばれる炎の世界に住んでいます。全ての不浄を焼き払い浄化させる火神です。

仏像リンク

不浄を焼き払うことから、不浄の場所=トイレ
トイレをきれいにする⇒トイレの神様となったようです。

さて、参拝にまいりましょう。

観音堂の中へ靴を脱いで上がり、正面の観音様を見て右手に、
烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)様が仏壇程度の大きさの所に祀られています。

お参り方法(有料100円)は、
短冊のようなものに自分の名前を書いて、
真言を数回唱え、
一輪挿しにある菊の花をハサミできり、
短冊に挿し、お供えします。

烏枢沙摩明王 の真言

オン クロダノウ ウンジャク

ちなみに、真言を唱えた後、願い事を言うといいと言われましたが、
願わずに、感謝だけを置いてきました。

その後、 烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう) の御札(500円)を購入しました。

大小、2枚の御札がセットになっていて、
大きい方は、トイレのドアの外側
小さい方は、トイレのドアの内側に貼るといいと教わりました。

後日談ですが、御札を貼って一週間、便通が見違えるほど良くなりました。
そして、一週間後、便秘気味になっておかしいなあ?と思ったら、
妻が御札をはがして、片付けてしまっていました。

ある意味、御札の効果がありすぎて、畏れ多いので
仕舞って正解かもしれませんね。

目黒不動尊 瀧泉寺

泰叡山護國院 瀧泉寺 目黒不動尊

安養院から歩いて数分の所にある「泰叡山護國院 瀧泉寺
通称・目黒不動尊へも参拝に行きました。

9月のお彼岸会

お彼岸の時期ということで、催し物が開催されるようでした。

目黒不動尊

鳥居をくぐります。
鳥居があるということは、神仏習合なのでしょうか?

目黒不動尊

中は、ご祈祷を申し込まなくても靴を脱いで参拝することができます。
ただし、ご祈祷のない時間に限ってですが。

本堂の中に入って、左手に御札など売っているところがあり、
その右側から靴を脱いで中に上がれます。

お不動様のお姿は、いつ見ても力強いですね。

さて、本堂の裏手には、大日如来像があります。

強いパワーを感じて、なんとなく写真に撮るのがはばかれてしまったので、
ブログに載せることができませんでした。

でも、お不動様だけでなく、大日如来像も必ず参拝して欲しいと思いました。

こちらは、本堂へ行く途中にある池です。

八雲氷川神社

目黒界隈のついでと言っては何ですが、八雲氷川神社へも参拝に行きました。
東急東横線「都立大学前」から、歩いて5分くらいのところにあります。
参拝に行ったのが、9月15日で、ちょうど氷川祭が行われいました。

鳥居をくぐると、屋台の熱気か、神社のもつパワーなのかわかりませんが、
元気がもらえる感じがしました。

屋台は鳥居から本殿まで色々とあって、楽しめました。

氷川祭の舞台でしょうか?こちらで催し物が開催されるようです。

御祭神
素盞鳴尊(すさのおのみこと)
櫛稲田姫命(くしいなだひめみこと)
大国主命(おおくにぬしのみこと)

御祭神をみると、出雲大社系の神様が祀られているんですね。

小さな神社ですが、パワーの感じられる空間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました